冷え性におすすめ健康茶

いくらたくさん重ね着をしても、また温かいお風呂に長時間浸かっていても、手や足の指先がなかなか温まらないという経験を持った人は意外に多いものです。こうした冷え性に悩む方であれば、何とかその症状を改善したいと思うことでしょう。

そんな悩みを抱えている方々におすすめの健康茶があります。

症状の改善に役立つお茶にもいろいろな種類があるため、最も効果のお茶を幾つかご紹介してみましょう。

まず、冷え性を改善するに効果のある健康茶かどうかを見極める上で、是非とも覚えておきたいポイントがあります。その一つは、そのお茶の葉が発酵してる葉かそうでないかという点です。

もちろん絶対的というわけではないかもしれませんが、基本的に言って、発酵させていないお茶の葉は体を冷やし、発酵させたお茶の葉は体を温める効果があると言われているのです。この点を念頭に置いて、ふさわしいお茶選びをすることができるでしょう。

冷え性におすすめの健康茶として、代表的なのはプーアル茶でしょう。

プーアル茶の葉は、もともと緑茶の葉と同じものですが、製造の過程で発酵という工程を加えています。そのため、発酵させていない緑茶の葉が体を冷やすのに対して、発酵させたプーアル茶の葉は体を温める効果があるのです。

また、プーアル茶には単に体を温める効果があるだけでなく、別の効果もあります。例えば、新陳代謝をアップさせたり燃焼効果を高めたり、さらには脂肪吸収をブロックする働きさえあると言われています。

そのため、このプーアル茶を飲むことによって、辛い冷え性を上手に改善するとともに、ダイエットの効果も期待できるお茶として人気を集めています。

加えて、プーアル茶にはカフェインが含まれていないため、飲む量や飲む時間を気にすることなく楽しむことができるでしょう。

また、別の健康茶としてはルイボスティーがあります。

このルイボスティーの葉も、南アフリカで取れた葉を自然発酵させて作られています。

そのため、やはり体を温める効果を持っているのです。さらに、ルイボスティーには、非常に豊富なミネラルが多く含まれています。

例えば、亜鉛やナトリウム、鉄分、マグネシウム、リンやビタミンといったものです。一般に、体が冷えやすい方の場合、ミネラルが不足している傾向があると言われています。

そこでルイボスティーを飲むことによって、不足しがちなミネラルをしっかり補うことができます。そうするなら、もともと体が冷えやすい方でも、その症状が改善されていくことでしょう。

加えて、ルイボスティーに含まれているマグネシウムには、腸の働きを活発にすることによって排出機能を高めるという効果もあります。

そのため、ルイボスティーを飲むことによって、新陳代謝がより一層アップされ、血行が促進されることでしょう。結果として、冷えやすい体質を改善するのに大いに役立つことでしょう。もちろん、ルイボスティーにはカフェインもなく、カロリーもないため、どなたでも安心して飲むことができます。

冷え性の改善に役立つ別の健康茶はジンジャーティー、つまり生姜入りの紅茶です。

ジンジャーティーとして販売されている市販のものもありますし、自分で作ることもできます。自分で作る場合は、温かい紅茶に生姜のしぼり汁を加えるだけで出来上がりです。好みではちみつか黒糖などを少し加えることできます。いずれの場合でも同じような効果を実感することができるでしょう。

生姜には、体を温める効果と発汗を促す効果が備わっています。

しかし、紅茶そのものにはカフェインが含まれているため、飲む量に注意しなければなりません。

そのため、最近では生姜のみを使ったしょうが湯が人気が高くなっています。しょうが湯を飲むことによって、体の内側からじんわりと温まり、なおかつその状態が長く続くということを実感できるでしょう。是非とも、体を温める生姜茶を上手に利用してみたいものです。

さらに、冷え性の改善におすすめの健康茶にはヨモギ茶があります。昔から、体を温める食べ物としてよく知られてきたヨモギですが、注目したいのはヨモギに含まれている成分です。

ヨモギに含まれている成分は、血液成分であるヘモグロビンと非常によく似た分子構造を持っていると言われています。

その成分によって、きれいな血液を作り出すことができるのです。さらに、抹消の血管を拡張して体の隅々にまで血液が行き渡るようにする効果もあると言われています。このように血液の巡りが改善されるため、体が冷えやすいという体質を改善することができるようになるのです。

これらに加えて、もう一つおすすめのお茶があります。それはクコの葉のお茶です。もともと漢方薬としても広く使われてきたクコの葉ですが、そこに含まれている有効成分の働きによって、余分な脂肪を取り除き、血液をきれいにするという効果が期待できます。これらのお茶を上手に活用して、症状の改善に努めましょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。